たった70円で勉強も仕事も捗る! 「森永ラムネ」の魅力

ライフハック

最近、SNSを賑わせている「森永ラムネ」。

おそらく誰もが一度は食べたことがあるであろう、国民的お菓子です。

そんな「森永ラムネ」が今、大人たちビジネスパーソンの間で話題となっています。

今回は、大人たちを熱中させる「森永ラムネ」の凄まじい効果についてご紹介します。

※表紙画像:森永製菓より

ラムネが注目されている理由、それは「ブドウ糖」にあり!

最近、SNSではこんなツイートをよく見かけます。

ツイートされている方もおっしゃる通り、ラムネの最大の強みは、主成分であるブドウ糖にあります。

なぜブドウ糖が必要なのか。それは、ブドウ糖だけが唯一、脳へ直接送り込まれるエネルギー源だから。

脳は、安静にしていても1日120g、1時間に5gものブドウ糖を消費する、驚くべき大食いの臓器です。しかも、少量しかブドウ糖を蓄積することができないので、常にエネルギーを補給しなければなりません。脳が消費するエネルギーを安定して供給するには、全身の血中ブドウ糖濃度を血液1dl当たり約100mgに保つ必要があります。

出典:砂糖健康入門より

脳以外の臓器へは、脂肪やタンパク質といった成分もエネルギーになりうるのですが、脳への栄養素はブドウ糖のみ。

「森永ラムネ」は、実に全体の90%がブドウ糖でできています。

まさにおいしく手軽に、効果的に脳へブドウ糖を送ることができるのが、ラムネの最大の特徴です。

利便性、コスパ共に最強!「森永ラムネ」を今すぐ携帯するべき5つの理由

脳へ直接運ばれる栄養素・ブドウ糖を90%も配合している、「森永ラムネ」。

他にも様々なメリットが存在するので、ご紹介しましょう。

①1本たった108kcal!圧倒的低カロリー

特筆すべきは、そのカロリーの低さ

脳への重要な栄養素を持ちつつも、カロリーは低めなので、ダイエット中の方や糖質制限をされている方も、摂取しやすいです。

②1ヶ月毎日食べても2,100円? 最強のコストパフォーマンス

いくら脳への栄養になるとはいえ、コストがかかるようなら考えものです。

しかし、さすがは40年の歴史ある駄菓子「森永ラムネ」。

1本あたりなんと70円というコストパフォーマンスの素晴らしさ。

1日1本食べるとして、1ヶ月20営業日で約1,400円。土日も含め毎日食べても、たったの2,100円です。

これならビジネスパーソンの方はもちろん、学生さんも積極的に取り入れやすいですね。

(ちなみに実際に食べてみればわかりますが、まあまあ量があるので1日1本で十分だと思います)

③コンビニでもスーパーでも!どこでも手に入る利便性の良さ

ご存知の通り「森永ラムネ」は、基本的に全国どこでも流通しているので、お近くのコンビニやスーパーでもお求めいただけます。

私はまとめ買いをしていて、外出する時は常にカバンに忍ばせておくのですが、出先でラムネを切らした時は、コンビニによって購入しています。

④2日酔いの頭痛にも効果的!

意外と知られていないのは、2日酔いの頭痛にも効果的であるということです。

お酒を飲みすぎると、肝臓がアルコール成分を分解するので低血糖になってしまいがちですが、「森永ラムネ」を摂取することで、血糖値が上がりスッキリするのです。

飲み会が多い大学生や社会人の方にはもってこいですね。

⑤話のタネになる

先日会社でこのラムネの話をしたら、周りの方から意外と好評価をいただきました。

みなさん、私の顔を見るなり「ラムネちょうだい」と言ってくるようになりました(笑)。

1つの会話のネタとして、ラムネの利便性について知っておいて損はないでしょう。

「ここぞ!」というシーンに欠かせない、「森永ラムネ」

私はラムネの魅力に取りつかれ、かれこれ数年食べ続けています。

集中したいのにちょっと眠たい時や、大切な仕事の前の「ここぞ!」という時によく食べています。

学生さんなら試験前や部活の大会前、社会人の方なら面接の前やプレゼン前、といったところでしょうか?

たった70円で脳がギンギンに冴え渡るので、ぜひ一度「森永ラムネ」を試してみてください!